助産師にニューボーンフォトを習う

どうも、店長の田原です。本日は助産師を家に呼び、ニューボーンフォトの知識を深めました。
ニューボーン撮影は子どもへの負担を考えて、仕事としてはあまり撮影に時間をかけられないので、 わが子に被写体になってもらえると練習がはかどります。フォトグラファーの家に生まれてしまったサガだと諦めてくれ。

次の記事

公私混同