一生撮り続けられる。

どうも、店長の田原です。
わが子に面会に行きました。フォトグラファーとしてニューボーン撮影をしているので、
新生児に関しては特別珍しいわけではありません。
ただ撮影中は時間が限られているし、撮る以外の余計な接触はしないので、
時間に追われることなく新生児を抱いたり、抱く向きを変えたり、
パーツをじっくりと観察してみると、
ほんと同じ人間だとは思えないようなサイズ感に尊さを感じてしまいます。
今後の私の撮影のスキルアップにかなり貢献してくれることでしょうね。

前の記事

男の子はお母さんが好き

次の記事

梅のシーズンですね